トップ / 消化器内科に関すること

消化器内科について

消化器内科に関すること

消化器内科でおこなわれる検査 

内科学のひとつである消化器内科は、主に食道や胃や十二指腸などを含む消化器全般の診察および治療などをおこなう分野です。取り扱う疾患に関しては「胃食道逆流症」「食道癌」「胃腸炎」「大腸ポリープ」など幅広く、様々な疾患に対応することができます。また、消化器内科でおこなう検査には上部消化管内視鏡や大腸・小腸内視鏡などの「内視鏡検査」や超音波検査、CTやMRI検査などがあります。また、治療に関してはH2ブロッカーやフオイパンなどの内服薬や、薬剤散歩・注入やクリッピングなどの内視鏡的治療などが用いられます。

消化器内科とは何をしているか 

消化器内科は胃腸についての診断治療を行っています。軽い胃腸の不具合からがんなどの重病まで広く治療します。また胃腸の治療のほかに肝臓や膵臓の病気も診断治療します。検査方法は多岐にわたり、血液検査、レントゲンやCTなどに加え、内視鏡検査を行うのがこの診療科の特徴です。胃や大腸の中を内視鏡で直接観察することで、病気をより正確に診断します。初期のがんは内視鏡で手術することもでき、開腹手術の必要がありません。一般の内科でもこれらの病気の診断はできますが、詳しい診断やいち早い治療は消化器内科のほうが優れています。

医師の求人に関する情報