医師が転職する時は

トップ / 医師が転職する時は

医師の転職活動で知っておく事 

医師の転職活動で知っておきたいのは、「医者の多い地域かどうか」という点について確認しておく事です。これまでに培ってきた豊富な経験があったとしても、希望する地域の医者の数が不足していなければ「今いる医者だけで十分」とうことになりますが、医療機関があまりないような所なら、「何時間もかけて病院に通っている」という患者さんも多いので、キャリアのある医者が病院を開業してくれる事は歓迎されます。医師の転職活動では「日勤のみの会社を選ぶか、救急病院を選ぶか」という点も大切になります。救急病院の場合は昼間の仕事と当直の仕事があるため、仕事は不規則になりがちですが、日勤のみの場合は毎日決まった時間のみ働くので自分の時間が作りやすいのが特徴です。長年救急病院で働いてきて、そのハードさに疲れた方は日勤のみの勤務を選ぶ方が多くなっています。転職の場合は「今いるスタッフとうまくやっていけるか」という人間関係もチェックされますが、面接の段階ではわからない事なので、努力する旨伝える事も大切です。

医師が転職活動したいときは求人サイトで 

これからますます高齢化社会に進んでいく日本では、医師の不足が問題視されていますが、毎日大変な思いをして患者さんのために働いている方の中には、これ以上負担が増えるなんてとんでもないと思っている方もあるでしょう。給料やボーナスが多ければ、まだ頑張っていくことが出来るでしょうが、待遇が良くない場合はやる気も出ないので、転職活動をした方がいいかも知れませんね。待遇や職場環境に不満を感じながら働くより、快適に働ける職場に移りたいと思ったら、医師の求人サイトから見つけることをおすすめします。全国エリアで、診療科目や施設などの細かい条件から検索できるので、転職活動にこれほど役立つものはありません。収入が高く、休日・休暇が多くて働きやすそうなところがあれば、すぐに応募するようにしてください。年収1500万や2000万以上で募集している病院もあるので、そんなところを選べば働く意欲がわくでしょう。夜勤がないところも選べるので探してみてください。

医師の求人に関する情報