医師は本当に高収入か

トップ / 医師は本当に高収入か

医師は高収入だろうか 

大学入試では医学部がおしなべて難関です。それは医師が高収入を約束されているという世間一般の認識があります。受験生は将来の豊かな暮らしを夢見て医学部を目指します。ただ大学には定員があり、希望する全員が入学できるわけではありませんから勢い入試は難関になります。では医師は本当に高収入なのでしょうか。たしかに開業医の中には豊かそうな暮らしをしている人を見かけます。ブランド品の衣服に身を包み、高級車を乗り回している姿は、世間の羨望を一身に集めることでしょう。しかし、この職業の全員が豊かな生活をしているのでしょうか。それは「否」です。例えば開業医であっても小児科の先生は質素な暮らしをされています。勤務医になれば、仕事の厳しさに比べ給料は低いと言わざるを得ないのが現実でしょう。例えば病院の産婦人科では仕事の忙しさと責任の重さが重圧となって、人材がなかなか集まらないという現実があります。もし医学部進学の目的が、豊かな生活を送ることができる労働に対する高い反対給付、つまり高額な収入だけを求めているのなら、考え直した方がいいのではないでしょうか。

医師の資格のとらえ方について 

医師免許を取得することは、国家資格の一つになります。この免許を取得することによって、あらゆる医療行為に対して実行に移すことを許可されることになります。そうはいっても、自動車の運転免許と同様で、公道を走行することは許されてはいるものの、あらゆる運転方法をおこなってよいというものではありません。同時に、不慣れな分野も多く存在します。強引に突き進むことで、事故を起こしかねないことは、医療行為にも言えることです。まず、医師として、医療機関の一員に属することになります。多くの実務経験を積み重ねて、医学として取り入れてきた知識との融合を図ります。全てにおいて、患者から学ぶことが多く存在しますので、日々の業務の中で、患者と出来るだけ多くの触れ合いの機会を設けます。この日々の医療行為の実践こそが、資格に磨きをかけていくことになります。現状に甘んじることなく、常に回復促進のための探求心を保ち続ける姿勢が求められます。

医師の求人に関する情報