トップ / 医師の手術と状況説明とは

医師の手術と状況説明

医師の手術と状況説明とは

医師の手術と状況説明について 

検査の結果「手術が必要である」と決まった場合は、医師から現在の体の状況とどんなオペをするかの説明があります。またその日が近くなると、担当看護師からも当日の注意点や術後の処置について説明がありますので、理解しておきます。当日は他の患者さんと取り違えがないように、名前とどの部分の手術を行うかという点について何回か聞かれますので、面倒でもきちんと答えるようにします。しばらくすると医師によって全身麻酔がかけられるため、完全に眠った状態になり、痛みや恐怖を感じる事なくオペを受ける事が出来ます。

手術をするのは外科系の医師だけではない 

病院で手術を担当するのは基本的に外科、整形外科、脳外科など外科系の医師です。整形外科で行う徒手整復などをのぞき、ほとんどはメスによる切開を伴います。いっぽうで内科でもさまざまな疾患に対してオペを行うことがあります。内視鏡を用いてポリープや初期のがんを切り取るものです。患者への身体的負担が少ない方法として、近年さらに施行例が増えています。耳鼻科や眼科の医師が手術を行うこともよく知られています。耳鼻科では中耳炎などに対するオペ、眼科は白内障や緑内障などのオペが多いです。

医師の求人に関する情報