トップ / 医学部の学費に関すること

医師になるための学費

医学部の学費に関すること

医師になるための学費について 

今は医師になりたいという高校生が多いため、医学部の受験はかなり難易度が高いといえます。国公立では偏差値も70,80の堺であり、いろいろな教科・科目で相当点数が取れるくらいの学力がなければ、入試を突破することができないのです。しかし、学費はとてもリーズナブルであり、6年間で350万円程度でおさまるので親孝行にもなるでしょう。それに対して、私立の医学部では教科や科目を絞ることができて、受験しやすいのですが、学費が3000万円以上もかかるところばかりです。

医学部の学費に関して 

医学部に入るには膨大な学費がかかるのではないかと思っている人は多いのではないでしょうか。もちろん私立大学医学部に入るとしたら、何千万とかかりますが、国立大学医学部に入れたなら、その負担はそんなに大きくありません。また、卒業してから9年間というしばりが気にならなければ、指定された病院での勤務を条件に、学費の全額免除が行われます。そのように方法はたくさんあるので、資金を気にして医者になる夢を捨てるのは、とてももったいないことです。

医師の求人に関する情報